MENU

CURRICULUM カリキュラム

  • オンライン​開催
  • 中堅人材​マネージャ​
  • 仕組み改善

ヘルプシーキング行動力​ ~助け合いながら成果を上げるチームづくり~​

ヘルプシーキング行動力​~助け合いながら成果を上げるチームづくり~​

カリキュラム紹介

ポイント

ヘルプシーキング行動力とは、一人で抱え込まず、周囲に助けを求める行動のことです。今、このスキルが、リスク管理の観点だけでなく、業務改善・エンゲージメント向上・人材育成や定着の観点でも注目されています。​

ポイント

必要性​

多様な人材が働く職場において、育児・介護、本人や家族のケガや病気、想定外の業務トラブルなど、不測の事態は誰にでも起こり得ます。こうした状況においては、不測の事態が起こること自体が問題なのではなく、属人化や希薄な関係性、非効率な業務プロセス等の要因により、“チームとしてそのリカバリーができない”ことが問題なのです。メンバーが一人で抱え込まず信頼関係でつながり、且つ成果を上げられるチームこそ、あらゆる人材が活躍できる職場と言えるでしょう。​

必要性​

到達点

そうしたチームに必要なスキルを個人がいかにして磨くか、またそうしたチームをいかにしてつくっていくか。このテーマに、スキル・仕組み・風土の観点でアプローチするプログラムです。​

到達点

主な構成

構成01
ヘルプシーキング行動の理解​
~困っても頼れないメカニズム~​
構成02
ヘルプシーキング行動力を磨く
~スキル・仕組み・風土~​
構成03
助け合いながら成果を上げるチームづくり​
~仕組みとプロセスのマネジメント~​

導入事例

中堅人材​

チーム成果最大化のための自律的行動の促進​

中堅人材​

マネージャ、PJリーダー​

チームマネジメントの基本技術習得​

マネージャ、PJリーダー​

女性活躍、D&I​

ライフステージの変化や、多様な価値観と向き合いながらパフォーマンスを発揮できる人材育成とチームビルディング​

女性活躍、D&I​

講師紹介

講師

小田木 朝子 株式会社NOKIOO 取締役/経営学修士

ウェブマーケティングの法人営業などを経て、NOKIOO創業メンバーとして参画。教育研修事業担当役員。2011年、中小企業診断士資格取得。2013年、自身の経験を活かし女性の社会参画支援事業『ON-MOプロジェクト』を立ち上げ、会員6,000名を超えるネットワークを育成。2016年12月『一般社団法人 育勉普及協会』を設立。2020年、オンライン教育サービス『育休スクラ』を立ち上げ、経験学習による人材開発・オンラインを活用したキャリア開発とアクティブラーニングを法人・個人向けに提供。グロービス経営大学院修了。
著書「人生の武器を手に入れよう!働く私たちの育休戦略」。
●音声メディアVOICYで「今日のワタシに効く両立サプリ」配信中 https://voicy.jp/channel/1240
●アクティブ・ブック・ダイアローグ®認定ファシリテーター

小田木 朝子

お申し込みはこちら