あまね式 職場の問題かるたワークショップ研修

チームビルディングからの組織風土改革

お問い合わせはこちら

研修概要

研修名称
あまね式 職場の問題かるたワークショップ研修 チームビルディングからの組織風土改革
内容
実際の現場の問題を認識し、現場が納得して「これだ!」と思える問題解決を推進するチームリーダー育成の実践型研修です。現場のミドルリーダーたち自身が主役となり、チーム内での”景色合わせ”をしながら業務改善を進めるためのワークショップ手法を習得します。自分たちの仕事のやり方の「勝ちパターン」の実現を目指しましょう。
主な対象者
管理職、チームリーダー、リーダー昇格を期待する中堅人材
開催方式(推奨)
150分の実践ワーク形/定員 推奨15~20名程度 ※人数についてのご希望はご相談ください
御見積価格
プログラム時間および人数に応じて御見積いたします
注意事項
・当研修は、集合型研修です。
・事前に教材(『職場の問題かるた』(技術評論社刊))を、参加人数に応じた部数購入いただきます。
働き方改革の大義名分と、現場の課題感に大きな隔たりがある。
そう感じられたことはありませんか。
 
・社内文書でさえも承認をもらうのに、いくつもの押印が。それ、本当に必要?
・毎週の定例会議、特にアジェンダもなく集まるだけ。それ、本当に必要?
・リモートワークになったら、頻繁に上司からチャットがくるようになった。それ、本当に必要?
 
形骸化している社内ルールや仕組みがあっても、「それ、必要ですか?」とはなかなか口に出せません。
そっと蓋をして、見えないふりをすることもあるかもしれません。
 
しかし、ペーパーレス化、バックオフィスのDX化、リモートワーク導入…など、仕事のやり方を変えるためには、まず現状を把握し、現実を直視し、
仕事のモヤモヤを言語化(定義)しなければ始まりません。
言いにくいこと、だけど考え直して改善したいこと…をかるたというツールを使い、役割や職種を超えて、楽しく言語化してみませんか。
 
こんな課題、悩みにお応えします

■マネージャー向け
・社員やメンバーの「モヤモヤ」を言語化したい
・現場の問題や課題をオープンに話し合える環境をつくりたい
・現場やチーム単位で問題解決や業務改善が進むようにしたい
・メンバーの主体性を引き出したい。
 
■現場リーダー向け
・現場の問題や課題を正しく把握したい
・問題意識はあるが、どのように進めてよいかわからない
・メンバーによって問題意識が違い、巻き込みにくい
・経営層や管理職をうまく巻き込みたい
・問題解決や業務改善の観点や手法を知りたい
 
こんな知識、ノウハウを得られます

・個々の問題認識を共有し、”景色合わせ”をするためのノウハウ
・チーム単位で業務改善を進めるための具体的手法
・チームの一体感を醸成し、主体性を引き出すファシリテーション手法
 
カリキュラム

Step1:「言える化」かるたで問題を発見
Step2:「見える化」職場の問題地図を書いて、問題の核を発見
Step3:「勝ちパターン」を考え実践

参加者の声

・ワークショップ「職場の問題かるた」を用いることで、いきなり「問題は何ですか」と問われるよりは敷居は低くとても参考になりました。周囲のメンバーに「問題は何か?」と問いかけてしまうことも多いので、相手の情報の引き出し方を考える必要があると思いました。

・やらなければならないと、判っていることでも、やり方が分からなかったり、難しいと思っていたことの解決に向けた考え方が見えてきた感じがします。改善と言うとプラスの要素を増やすことに意識がいってしまうが、「辞めることを決める」ことの大切さも改めて認識できました。

・今までは然程気にせずにいた会議のあり方や各部署間のやり取りの不備、部下・後輩への育成・教育について無駄であったり、不十分であるところが多く浮彫になったと思います。まずは自己開示を行い、部下との信頼関係の醸成から努めたいと思います。
 
「職場の問題かるたワークショップ」これまでの実績

【企業/自治体/官公庁】 ※敬称略、順不同
・日立製作所、Panasonic、ダイキン工業、日本ガイシ、三菱電機、豊田合成、ヤマハ発動機、野村信託銀行、NTTデータ、NTT西日本、NTT東日本、NTTコミュニケーションズ、農林水産省、中野区、墨田区、甲賀市、茨木市、豊中市、神戸市、熊本市、富山県、ふくい女性財団、福井県経営者協会、長野県経営者協会、京都府看護協会ほか

講師 沢渡 あまね

あまねキャリア工房 代表/なないろのはな 取締役/株式会社NOKIOO 顧問

日産自動車、NTTデータ(オフィスソリューション統括部)、大手製薬会社などを経て、2014年秋より現業。情報システム部門、ネットワークソリューション事業部門、広報部門などを経験。現在は企業の業務プロセスやインターナルコミュニケーション改善の講演・アドバイザー・執筆活動などを行っている。NTTデータでは、ITサービスマネージャーとして社内外のサービスデスクやヘルプデスクの立ち上げ・運用・改善やビジネスプロセスアウトソーシングも手がける。これまで300を超える企業・自治体・官公庁で、働き方改革、マネジメント変革、組織改革の支援および経営層・管理職・中堅人材の育成も行う。これまで指導した受講生は4,000名以上。

講師の詳細を見る

沢渡 あまね

お問い合わせはこちら

一覧に戻る